デリケートゾーン専用石鹸はドンキホーテで購入できる?

ドンキホーテでもデリケートゾーン用石鹸は購入できる?

最近は通販で気軽にデリケートゾーン用石鹸を購入できるようになりましたが、やはり店頭で実際に商品を手にとってから購入したいという人も多いようです。ドンキホーテはいろいろな美容グッズがたくさん売っているので、デリケートゾーン用の石鹸も売っているのでは、と期待する人も多い様子。そこで、ドンキホーテで販売されているデリケートゾーン用の石鹸について調べてみました。

ドンキホーテでジャムウソープが販売されている

ドンキホーテでは、「ラブメーター」というメーカーからジャムウソープが販売されています。ジャムウソープは、植物性のデリケートゾーンの悩みに有効な成分をブレンドした石鹸で、デリケートゾーンのにおいやかゆみ、黒ずみなど、幅広い用途に対応しているのが特徴です。ジャムウソープはいろいろなメーカーが製造、販売しています。インドネシアではジャムウソープを使用してデリケートゾーンのケアをするのが一般的だそうで、古くから愛用されています。ラブメーターのジャムウソープは日本で作られているので、日本人の肌に合わせたブレンドで安心して使用できるのがうれしいですね。ジャムウソープは特ににおいや黒ずみに悩んでいる人におすすめの石鹸です。泡立てネットを使用してしっかり泡立てると使いやすくなりますよ。ほかにもデリケートゾーン用の石鹸がドンキホーテで売っているのではと思ったのですが、今のところこの1種類のみのようです。ドンキホーテの通販でも購入できます。

ほかのソープをデリケートゾーンに使用している人も

ドンキホーテで売られている製品でデリケートゾーンのケアをしたいという人は、デリケートゾーン専用ではないけれど、肌の悩みを解決してくれる商品を使用しているようです。たとえば、デオドラント効果の高いボディソープや、保湿力の高いボディソープなど。これらの商品を使用して、デリケートゾーンのにおいや黒ずみが緩和されたという人もいるようですが、やはり専用の石鹸ではないのでデリケートゾーンには刺激が強すぎる傾向があります。もちろんボディソープなのでデリケートゾーンに使用しても問題はないのですが、においが気になる人はつい強くゴシゴシと洗ってしまうでしょうし、黒ずみが気になる人は市販のボディソープで泡パックなどをしてしまうことがあるようです。こうした使用方法はデリケートゾーンの悩みを助長させてしまいかねないので、あまりおすすめできません。やはり専用の石鹸を使用するのが、悩みを解決する1番の近道だと思います。ドンキホーテは常に新しい商品が入れ替わっていますので、こまめにチェックしてみるとデリケートゾーン用の石鹸も新しい商品が入荷しているかもしれませんね。ドンキホーテで購入できなくても、通販で手軽に購入できるものがたくさんありますので、ぜひそちらもチェックしてみてはいかがでしょう。

デリケートゾーン専用石鹸イビサソープの効果や口コミをご紹介!

デリケートゾーン用の石鹸なら「イビサソープ」

デリケートゾーン用の石鹸を購入しようと情報収集をしたら、まず目にするのが「イビサソープ」ではないかと思います。口コミサイトも多数ありますし、インターネットでの通販を積極的に行っていますので、必ずといってよいほど目にしますよね。イビサソープは石鹸とクリーム、デオドラントスプレーなど、デリケートゾーンのケアにおいて一連の商品を展開していますので、シリーズで使用している人も多いようです。パッケージはかなりシンプルなので、女性であればその知名度の高さからデリケートゾーン用石鹸であることはわかってしまうでしょうが、男性はバスルームにおいてあってもデリケートゾーン専用石鹸だと気づくことはないと思います。容量も小さめなので、外泊時に手軽に持ち運べる点も便利で高ポイントです。

イビサソープはデリケートゾーンのにおいに効果あり

デリケートゾーン用石鹸は、黒ずみやかゆみなど、いろいろな効果が期待できますが、イビサソープにおいては「におい」が気になっている人に特に効果を発揮します。ジャムウソープというインドネシアでデリケートゾーンのケアに使用されている石鹸があるのですが、イビサソープにはこのジャムウが配合されていて、デリケートゾーンに不要な雑菌を洗い流し、清潔な状態に保ってくれるほか、消臭成分も豊富に配合されているので、デオドラント効果が高いのです。イビサソープでデリケートゾーンのケアに有効な成分として、「イソプロピルメチルフェノール」と「グリチルリチン酸ジカリウム」の2つがあります。イソプロピルメチルフェノールは殺菌効果が高いとされる成分で、においの元となる菌を殺菌してくれる効果があり、グリチルリチン酸ジカリウムは炎症を抑える効果が期待できる成分です。ムレや雑菌の影響で肌荒れを起こしているデリケートゾーンの状態を修復してくれそうですよね。

イビサソープを使用した人の口コミ

イビサソープを実際に使用した人は、「肌が弱くボディソープでデリケートゾーンを洗うと肌荒れを起こしてしまっていたが、イビサソープを使うようになってから肌荒れが起きなくなった」という声や、「においが気になって使い始めたが、使用を開始してすぐにおいが気にならなくなった」という声など、高い効果を感じているようです。また、プッシュすると泡で出てくるので、使いやすいのも高ポイントでした。デリケートゾーン用の石鹸はしっかり泡立ててから使うのが基本なので、泡で出てくると手間いらずで助かりますよね。効果については問題ないようですが、容量に対して少し価格が高めという声もあるようなので、コストを重視する人はほかのデリケートゾーン用石鹸をチェックしてみるのもよいと思います。定期購入を申し込むと、1本あたり割安で購入できるようですので、1回使用してみて効果を感じたら、定期購入をするのもよいかもしれませんね。

デリケートゾーンの黒ずみ対策を目的とした石鹸の選び方

黒ずみにデリケートゾーン専用石鹸がよいのはどうして?

デリケートゾーンの黒ずみは、もともとの色素であることも考えられますが、多くは「摩擦」が原因です。デリケートゾーンは下着や衣服などで摩擦が起こりやすく、それが色素沈着の原因となってしまっていることが多々あります。実際に、太ももの付け根、下着のゴムが触れる部分が黒ずんでいるという人も多いのではないでしょうか。市販のボディソープを使用していると、洗浄力が強すぎることから保湿が乏しくなり、デリケートゾーンが乾燥してより摩擦を起こしやすくなります。専用の石鹸は、肌にやさしい成分で作られているため、必要な油分を残した状態で汚れのみを落としてくれますし、保湿成分がたっぷり配合されている製品も多いので、摩擦を起こしにくく、黒ずみを防いでくれるのです。また、専用の石鹸は美白成分を豊富に配合しているので、沈着してしまった黒ずみを改善する効果が高いという点も挙げられます。まだボディソープでデリケートゾーンを洗っているという人は、ぜひこれを機に専用の石鹸を使ってみてください。

黒ずみ対策用のデリケートゾーン専用石鹸の選び方

デリケートゾーン専用の石鹸にはいろいろな種類があり、用途別に特化している商品もあります。においが気になる人に向けた商品や、黒ずみに向けた商品などもありますので、黒ずみが気になる人は黒ずみ用の石鹸を購入しましょう。黒ずみ用の石鹸といってもたくさんの種類がありますがあ、「ジャムウソープ」は黒ずみを改善する成分が豊富に含まれているのでおすすめです。ジャムウソープはドラッグストアなど市販ではなかなか販売されていないので、通販のものをチェックしてみるとよいでしょう。ジャムウソープ以外では黒ずみに効果があると謳っているものや、保湿効果が高いものを選ぶのもおすすめです。しっかり保湿することは、黒ずみを防ぐと同時に、肌を明るくする効果も期待できます。

使用する際のポイント

デリケートゾーンの黒ずみにおいては、「泡パック」をすることがとても重要になります。泡パックとは、しっかり泡立てた石鹸でデリケートゾーンを包み込んで、3分ほどそのまま置いておくことです。ただ洗うだけだと、せっかくの美白成分が肌に浸透する間もなく洗い流されてしまうので、一手間かかりますがしっかりパックするのがおすすめです。固形石鹸の場合手で泡立てるとなるとかなりの時間がかかるため、泡立てネットなどを使用すると効率的です。また、摩擦が黒ずみの原因となりますので、洗う際もゴシゴシ擦るのではなく、指の腹を使ってやさしくなでるように洗うのも大切です。特に爪などを立てて傷つけてしまうことがないように気をつけてください。つい乱暴に洗ってしまうという人は、少し気をつけるだけで色素沈着が改善されますし、デリケートゾーンを大切に扱うことは女性らしさを養うことにもつながりますので、ぜひ意識してみてくださいね。

デリケートゾーン専用石鹸を使用した正しい洗い方を解説

デリケートゾーン専用石鹸を使って正しい洗い方をマスターしよう

デリケートゾーンを洗う際には、専用の石鹸を使用することが望ましいということが女性の間では定説となってきていますよね。しかし、ただ専用石鹸で洗えばよいというわけではなく、正しい洗い方をすることはとても重要になります。正しい洗い方をマスターすれば、それだけでデリケートゾーンの状態はかなりよくなるはずです。そこで、こちらではデリケートゾーン専用石鹸を使用した正しい洗い方についてご紹介していきたいと思います。

デリケートゾーン専用石鹸はまずしっかり泡立てる

デリケートゾーン専用石鹸を使用する上で重要なのは、しっかりと泡立てるということ。においや黒ずみ、かゆみなどいろいろな悩みを持っていると思いますが、すべてにおいてしっかりと泡立ててから洗うということがポイントになります。固形石鹸などを使っていて、自力で泡だてにくいという人は、泡立てネットを使用すると簡単ですし、ポンプ式でプッシュすると泡で洗浄料が出てくるものもありますので、そういったものを使用すると手軽です。かゆみに悩んでいる人の場合は、まずお湯でしっかりと汚れを落としてから、丁寧に泡立てた洗浄料で洗いますが、洗浄料が長い時間肌についているとかゆみがひどくなることがありますので、泡パックなどは避けたほうがよいでしょう。

基本はやさしく、細かい部分まで丁寧に

デリケートゾーンを洗う場合は、とにかく「やさしく洗う」ということが大切です。泡で包み込むように洗うのですが、陰部は構造がかなり複雑なので、細かい部分もきちんと洗う必要があります。ひだの中に垢が溜まりやすく、それが雑菌を繁殖させる原因となりますので、細かい部分までしっかり、でもやさしく洗わなければなりません。気をつけたいのが、ひだの部分を洗う際などに爪を立てないこと。最近はファッションで爪を伸ばしている人も増えているので、特に気をつけていただきたいですね。また、においが気になるからといって膣の中まで洗うようなことはしないこと。膣の中は自浄作用が働くべき場所で、自分で洗ってしまうとその機能が低下し、さらに雑菌を繁殖しやすくなります。膣の中からにおいが気になるという人は、婦人科で炎症を起こしていないか診てもらうというのもひとつの方法です。きれいに洗い終えたら、黒ずみが気になる人は泡で3分ほど泡パックをします。このとき、石鹸に含まれる美白成分が肌に浸透して、肌を明るくしてくれます。パック後は熱すぎないお湯でしっかりとすすぎましょう。このすすぎはもっとも重要で、肌を清潔に保ってくれる洗浄成分も、長く肌に付着することで雑菌の原因となってしまいます。デリケートゾーン専用石鹸であれば、生理中など1日に何度か洗っても肌に負担をかけることは少ないですが、とにかくやさしく洗うということを重視して、デリケートゾーンを清潔な状態に保ってあげましょう。

デリケートゾーン専用石鹸はかゆみ予防に効果を発揮!

デリケートゾーンのかゆみの原因は?

デリケートゾーンのかゆみに悩む女性は意外と多く、清潔にしているつもりなのにかゆみが治まらずに苦労している人もたくさんいるようです。原因はいろいろ考えられますが、最近多いのが「洗いすぎ」によるものだといわれています。常にきれいにしておこうとつい洗いすぎてしまい、デリケートゾーンの抵抗力まで洗い落としてしまって肌が雑菌に負けてしまうのだそうです。そもそもデリケートゾーンには「常在菌」というものが存在していて、この常在菌があることで健康な状態を保てているのです。常在菌まで洗い流してしまうと、肌がどんどん弱くなって、炎症を起こしやすくなってしまうのですね。そのほかには、汗などのムレによってかぶれてしまったり、不潔にしておいて雑菌が繁殖し、炎症を起こしてしまうなどといったことが挙げられます。

デリケートゾーン専用石鹸はかゆみを抑える効果がある!

体を洗うためのボディソープや固形石鹸は、洗浄力が強いためデリケートゾーンに使用すると常在菌まで洗い流してしまうことがあります。デリケートゾーン専用石鹸は、しっかり泡立つので洗浄力が強いイメージがありますが実はその逆で、汚れはきちんと落とすけれど常在菌は肌に残しておいてくれるので、肌に負担をかけることがないため、洗いすぎによるかゆみを防いでくれます。雑菌が原因の場合は雑菌をきちんと落としてくれるのでやはり高い改善効果が期待できるので、デリケートゾーン専用石鹸を使用することはとてもメリットが大きいのです。商品は通販でかなりいろいろなものが販売されていますし、最近はドラッグストアでも購入できるようになりましたので、気軽に入手できるのもうれしいですね。ただ、レジに持っていくのが恥ずかしいという人も多いようなので、そういった方は通販を利用されているようです。

デリケートゾーン専用石鹸を使う際のポイント

まず、石鹸を選ぶ際には目的に応じて選ぶことが大切です。かゆみに特化したものもあれば、黒ずみや臭いに特化したものがあるなど、ラインナップが豊富ですので、説明書きをよく読んで、かゆみを防いでくれるものを購入するようにしてください。また、デリケートゾーン専用石鹸は安心して使用できるものがほとんどですが、炎症を起こしたり肌に負担がかかっている状態なので、決して強くこすらないことが大切です。まずぬるま湯でよくすすぎ、汚れを洗い流してから石鹸を泡立てて包み込むようにあらいます。黒ずみやにおいの場合はパックすることが望ましいとされていますが、かゆみの場合は長時間肌に当てておくことは避けたほうがよいので、やさしく洗ったらすぐにしっかりすすぎましょう。続けることで症状が治まり、肌をよい状態に保つことができるようになります。今現在石鹸やボディソープでデリケートゾーンを洗っている人はすぐにやめて、できるだけ早く専用の石鹸に切り替えてみてください。きっと状況が改善されると思いますよ。

デリケート専用石鹸はドラッグストアで買える?

デリケートゾーン専用石鹸は市販品もある!

デリケートゾーンに特化した石鹸となると、だいたい通販で購入しているという人が多いようですが、最近は女性の間でデリケートゾーンへの意識が高まっていることもあり、薬局やドラッグストア、百貨店など、市販で購入できる商品もたくさんあります。ドラッグストアなら価格帯も比較的安価なイメージですし、買い物ついでに手軽に購入できるので助かりますね。ただ、まだ品選びができるほどたくさん出回っているわけではないので、ドラッグストアに行ってもなかなか見つけられないという人も多いようです。この理由としては、商品の性質上レジに持っていくのが恥ずかしいという女性が多いので、やはり通販の利用者が多いということが挙げられます。これからもっともっといろいろな商品を手軽に購入できるといいですね。

ドラッグストアではどの辺に売っているの?

デリケートゾーン専用といえども石鹸なので、ボディソープや石鹸売り場に売っていると考える人が多いようです。実際にボディソープと並んで売られていることも多いようですが、お店によっては生理用品が置いてあるエリアに陳列されていることがあります。お店の人になかなか聞きづらいと思いますので、ボディソープ売り場にない場合は生理用品売り場もチェックしてみてくださいね。置いてある商品については、お店によって異なりますが、石澤研究所の商品や「コラージュ」という商品が置かれていることが多いようですよ。石澤研究所のデリケートゾーン専用石鹸はボディソープのような液状になっている商品ですが、肌にやさしく口コミ評価も高いので、試してみるとよいと思います。

市販のデリケートゾーン専用石鹸のメリットとデメリット

市販のデリケートゾーン専用石鹸を購入するメリットは、やはりいつでも気軽に購入できるという点です。通販だとなくなった、と思ってから注文して、自宅に届くまでは数日かかってしまいますが、薬局やドラッグストアであればその日にすぐ購入できるので便利です。また、薬局やドラッグストアで販売されている商品は通販の商品と比較すると価格帯が手頃だというメリットもあります。通販の商品は1つ数千円もするものが多いのに対し、薬局やドラッグストアでは高くても1,000円前後が平均ですので、手に取りやすいと思います。市販品を購入する大きなデメリットは特にありませんが、置いてある品数が少ないので、品選びをできない点がデメリットといえるかもしれません。同じ市販品でも、オーガニック商品を中心に扱っているお店だと、安心して使用できる商品を豊富に取り揃えているところがありますので、チェックしてみるとよいでしょう。ただ、こうしたお店が近隣にない場合は通販同様購入に手間がかかってしまうので、便利さや品選びなどのメリットとデメリットを比較した上で、より自分が購入しやすいものを選ぶようにしてみてください。